これは言い訳かもしれない。世の中の流行に翻弄されたくないというのは、ただ単にお金がないからと言うのが恥ずかしいからかもしれない。
それを前提にして考えているが、例えば服装で無暗に流行に合わせるととんだ散財になってしまうし、別に無難で地味な服を着ていれば、人はそれほど気にしない。
注目を浴びるほどの容姿でもないし、おしゃれしても、中身がダサいので、逆に浮いてしまうと思っている。それではせっかく投資したお金が無駄になってしまうだろう。

また、今の流行歌を昔のように追っかけなくなったし、コンビニのラジオからで流れている新曲も、買うに至るまでの衝動にかられない。
一度追わなくなると、次々に出てくる新しいアーティストの名前が知らない人だらけになっている。でも、それで何か困ったことにはならないので、無理はしないようにしている。
現代は情報過多の時代なので、何でもかんでも取り込んでしまうと、時間も消費するし、お金もかかるし、あまりいいこととは言えないと思う。

厳選に厳選を重ね、貴重な時間とお金を使ったほうがいいと思っている。特に音楽は断捨離精神で、必要なものだけチョイスして聞くようにしている。
ヘビーローテーションする曲は、マイブームなので、自分の中で流行っているものを、世間の流行よりも大切にしたいと思っている。